読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OKAJUN Blog

劇作家の岡本ジュンイチが、みずからの気分に基づいて記事を書いていきます

本を読もう!~作家のための読書術~ 3.速読の是非

作家として活動するには、本を読むのは欠かせません。

そのために、自分の読書スタイルを確立させなければ、何もはじまりません。

ですが、具体的にどうやって読書術を身につければよいのでしょうか。

そんな内容でお送りしているこの連載記事。

今回は、速読の是非について書かせていただきます。

 

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

 

 

速読とは

本を読む方法の一つとして、「速読」という方法があります。

「速読」とは、要するに本を早く読む方法のことです。

一冊の本を完全に理解して本を読み切るということは、到底できません。

そこで、本を眺めて、斜め読みすることによって効率の良い読書をしよう、という実践方法なのです。

速読のメリット

速読における最大のメリットは、本を読むスピードが一気にあがることです。

時間がないときでも、隙間の時間を利用して多くの読書に励むことができるということに、強い魅力を持っているのです。

文章を頭の中で音読するのをやめることによって、どんどん情報量がはやくインプットすることが可能です。

ですので、多くの資料を読みあさる作業や、歴史小説・伝記小説などを書くにあたっては、その方法はとても有益であることには間違いありません。

 

歴史小説家である司馬遼太郎は、自作の小説を書くにあたって、古文書や史料をトラック一杯に読みあさったと言います。

そういうたくさんの資料を読みあさるにあたっては、速読はたしかに有益な方法ということができるのです。

速読のデメリット

しかし、そんな速読でもデメリットはあります。

それは、飛ばし読みをしてしまうことです。

小説などのように、何度も読み返してみないとその内容の深さが分からないような文章を読む際には、速読は向いていないのです。

そこで、一時期は「遅読」とか「スローリーディング」という読書方法がブームになった時期もあります。

代表的な書籍は、以下の通りです。

 

本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP新書)

本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP新書)

 

 

 

増補 遅読のすすめ (ちくま文庫)

増補 遅読のすすめ (ちくま文庫)

 

たしかに、何でも早く読めばいいというものではありません。

「速読」をあまりに意識しすぎて、本を読むということ自体の快楽を失うような実践はするべきではありません。

そういう意味ではとても共感ができるのですが、逆に言うと、読書が得意でない人にとってはどうすればいいのかが分からなくなってしまいます。

 

では、読書が得意でない人の場合はどういうことを実践すればいいのでしょうか。

そのことについては、また次回に見送らせていただきます。

 

拙い文章ではありましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

では、またの機会に。

『ニュービジネス活眼塾』 購読

どうも、劇作家の岡本ジュンイチです。

今回は、いつもながら軽い読書における近況報告をさせてください。

 

僕は先日、古本屋でこんな本を買いました。

 

 この書籍は、世界的に経営の業界において名をはせている経営者・大前研一ビジネススクールの講義録をもとにして編集された書籍で、おもに起業家に向けた内容となっています。

ですが、この書籍がとても的を射ていることが書かれてあって、とても参考になりました。

というのも、この書籍を読んで、僕自身新しい事業を起こそうと考えていたからです。

 

この書籍をまだ数十ページしか読めていませんが、その中で強く印象に残っているのが、常識に対する強い疑問を抱くことです。

具体的には、シャープペンシルの発明に至るまでの経緯が例に挙げられていて、その実例がとても感銘を受けました。

シャープペンシルを発明したそもそものきっかけは、鉛筆削りで削られる鉛があまりにもったいなかったからだとのことです。

その効率の良い鉛の活用を徹底させた新しい鉛筆ということで、シャープペンシルが生まれたといわれています。

そして、そのシャープペンシルを生んだ会社は、現代でも「シャープ」という名の企業として大きく知られているのです。

このように、常に常識に対する強い疑問を抱いて、日ごろからアイデアを1日100個、最低でも合計1000個は出すように勧めているのです。

この書籍を読んでいて、起業家やビジネスマンの世界の深さを知るとともに、自分にしかできない事業を発見するときの醍醐味を味わいました。

ぜひとも、今後もこの書籍を愛読書の一冊として読みふけっていこうと思います。

 

以上、読書における近況報告でした。

では、またの機会に。

『シェイクスピア』読了

劇作家の岡本ジュンイチです。

今回は、読書についての近況を書かせてください。

 

つい先日、こんな書籍を読み終えました。

 

シェイクスピア (Century Books―人と思想)

シェイクスピア (Century Books―人と思想)

 

 

この書籍は、イギリスの文豪 ウィリアム・シェイクスピアの人生を書き綴った評伝となっていて、ページ数も少なくて読みやすい内容となっています。

シェイクスピアは、学歴が低く、世間の劇作家たちにも馬鹿にされてきたのですが、彼は自らの努力と根性で、人気を勝ち取るほどの地位に上り詰めることができたのです。

僕も、そんなシェイクスピアのような人生を歩みたいものだとしみじみ思いましたね。

いずれ、僕もシェイクスピアの人生を扱った書籍を書いてみたいものです。

 

以上、近況報告でした。では、またの機会に。

『デパートを発明した夫婦』 読了

劇作家の岡本ジュンイチです。

今回は、読書における近況を書かせてください。

 

最近僕は、こんな本を読み終えました。

 

デパートを発明した夫婦 (講談社現代新書)

デパートを発明した夫婦 (講談社現代新書)

 

 この本は、先回も紹介させていただいたことがあるかと思いますが、現代のデパート商法という発想を生み出した西洋の夫婦の史実を平明に書き記してくれている新書です。

この書籍を読んでいて思ったのは、独りよがりな考えにならないで、いかにお客様や社員、そして社会のために働きかけができるかという、そんな考え方がすごく行き届いた発想の持ち主だということです。

特に一番印象的だったことは、デパートに来たお客様のために、自由に本を読んでもらうスペースをつくったり、無償で演奏会を行ったりするというサービスです。

自分のデパートに足を運ぶことが一つの楽しみとなるように、いろんな企画を考えられているところが、とても現代社会においても大いに参考になることだと思いました。

今、経済はとても不安定な状況になって久しくなっていますが、デパート商法の生みの親・ブシコー夫婦が現代の社会を見たら、何と思うでしょうか。

そうやって思いを馳せる時、僕はこのブシコー夫婦の生きた実例がまた活用されうる可能性を強く感じています。

 

ビジネスの世界は、とても大変だとは思うのですが、お客様があってこそのビジネスです。

一見当たり前のことなのですが、そのことをよく忘れがちになってしまいます。

そうなってしまう時に、ぜひとも今回の新書に手を伸ばしてみることを強くおすすめしたいですね。

 

以上、読書における近況報告でした。

では、またの機会に。

新作戯曲『ある日、夢の中で…』 執筆完了

劇作家の岡本ジュンイチです。

今回は、軽い近況報告をさせてください。

 

僕は、テアトロ新人戯曲賞で予選を通過してからは最近、新作の戯曲の執筆に没頭してました。

新作戯曲の題名は、『ある日、夢の中で…』。

内容は題名の通り、「夢」についてじっくりと考えさせてくれる作品にしようという意図のもと、そう名付けました。

夢のことを扱った作品というのは、たとえば夏目漱石の『夢十夜』や、能の脚本に多く存在します。

 

夢十夜 他二篇 (岩波文庫)

夢十夜 他二篇 (岩波文庫)

 

 

 

日本古典文学全集(33)-謡曲集(1)

日本古典文学全集(33)-謡曲集(1)

 

 そういう作品たちで扱われたように、起き掛けに見る夢のことを深く扱うだけでなく、現代の若者による将来の夢についても深く扱うようにした、そんな創作戯曲になりました。

主人公は、作家志望の大学4年生。

親友の同級生で同じ文芸部員であるアマチュア作家とともに新作の短編小説を手がけるという物語になっていて、さらにその短編小説の内容が、自分の将来の夢を捻じ曲げて上京して出稼ぎをしようという、東北の女子高生が主人公の物語となっています。

 

僕の創作方法は、劇作家・北村想先生の方法論を参考にして、タイトルから着想を得て次々と本文を手がけるという方法をとってました。

ちなみにその方法論は、以下の本を参考にしてます。

 

高校生のための実践劇作入門―劇作家からの十二の手紙

高校生のための実践劇作入門―劇作家からの十二の手紙

 

 そこから、実際に文章にしたためてみて、どういう訳か、僕の戯曲は昨今の東日本大震災の史実をも書くという展開になりました。

東日本大震災は、多くの作家が向き合ってきた歴史上の大災害で、それは作家のみならず、多くの日本人や外国人にも強く価値観を覆された出来事です。

僕自身、そういう悲惨な史実はテレビのみならず、新聞や図書などにも深く目を通していて、いつか作品として完成させ、じっくりと向き合おうとしていました。

 

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

 

 そして僕は、とあるブログによるすすめをきっかけにして、東北の被災地へ足を運ぶこともしたのでした。

僕が行った被災地は気仙沼でした。当時は2012年のことでしたが、今でも忘れません。

気仙沼の人々は、あんなに大きな震災があったにもかかわらず、みんなとても前向きな方々ばかりで、僕自身とても心が動かされました。

あれは、実際に現地へ行ってみた人でなければ分からない感覚です。

まさに、将来への希望や夢を見失いがちな状況の中を、真摯に前向きにとらえて今を生き抜く東北の方々の姿は、言葉では言い表せないほどの普遍的な輝かしさを感じさせてもらったのです。

そういう感覚は、いつまで経ってもきっと古びることはなく、僕の思い出の中に残っていくことと思います。

 

今回は、そんな気仙沼の風景を思い出しながら、作品に大きく反映させました。

最初は粗削りな文章ではあったのですが、だんだんと自分の描きたいもの・描かなければならないものが見えてきて、5回の書き直しを経て、ついに完成いたしました。

創作戯曲『ある日、夢の中で…』は、戯曲賞への出品の関係でまだお見せすることはできません。

しかし、結果次第にもよりますが、出来れば多くの人に読んでもらえるような形で、いずれは発表しようと思います。

 

ぜひ、その時までじっくりと待っていてください。

 

今回の近況報告は、以上です。

では、またの機会に。

本を読もう!~作家のための読書術~ 2.拾い読みの実践

前回は、多くの本に触れることをおすすめいたしましたが、今回は、拾い読みの実践について詳しく見ていきたく思います。

 

超最速!絞り込み読書術。本を読む技術とは、読む本を選ぶ技術だ。10分で読めるシリーズ

超最速!絞り込み読書術。本を読む技術とは、読む本を選ぶ技術だ。10分で読めるシリーズ

 

 拾い読みとは

 拾い読みとは、たとえば一冊の本から好きなページを開いて読む行為のことを言います。

拾い読みの最大のメリットは、効率的に情報を収集できることにあります。

最初からすべてを読むのではなく、必要な箇所だけを読むことによって、時間の節約を大いにできるのが拾い読みなのです。

拾い読みが役に立つ本の種類

では、そういう拾い読みは、具体的にどういう本において役に立つのでしょうか。

まず挙げられるのは、歴史書や古文書などといった、資料などの本です。

たとえば、歴史ものを書きたいときにどうしても知らないといけない情報を手っ取り早く知りたいのに、そういう資料を辞書的な扱い方をするのです。

律儀に最初のページから読んでいては、とてもそういう要求に手っ取り早く応えることができません。

そこで、必要のない情報を書かれたページをすっとばして、必要な箇所だけを拾い読みするのです。

そういう実践方法は、たとえば図書館でだと大いに役に立ちます。

図書館でたくさんの資料と向かう際に、必要な情報だけを選び抜いて読む。

それを行うことによって、一冊の本から得られる必要最低限な情報を、手っ取り早く効率的に読むことができるのです。

また、『孫子』や『論語』などのような、古典を閲覧する際にも、拾い読みはとても有効です。

 

新訂 孫子 (岩波文庫)

新訂 孫子 (岩波文庫)

 

 

なぜなら、そういう種類の本はどこから読んでも大いに役に立つからです。

そういう点で考えると、先人の名言録やことわざ集なども、拾い読みを実践するのに適している本だということができますね。

 

中国古典の名言録

中国古典の名言録

 

 

 

チャーチル名言録

チャーチル名言録

 

 

 

英語・一日一言―知恵と感動のことば (ノン・ブック (3))

英語・一日一言―知恵と感動のことば (ノン・ブック (3))

 

拾い読みをしてみよう! 

「本を読んでみたいけど、どこから手を伸ばせばいいのかわからない……」

と思う方には、まずは拾い読みのできる本を探すことをおすすめします。

そのうえで、実際にいろんな本を拾い読みするようにしてみましょう。

好きなところからでいいんです。本を手に取って、好きなところから自由に読んでみましょう。

そうすれば、本はあなたに、あらゆる知恵と知識を授けてくれるに違いありません。

読めるかどうかではなく、読んでみることが大事なのです。

拾い読みの実践を、ぜひ活用してみましょう!

 

以上、今回は拾い読みの実践について書かせていただきました。

この拙い文章が、あなたの読書ライフを支えられたら幸いです。

では、また次の機会に。

人と思想シリーズ『シェイクスピア』熟読中

劇作家の岡本ジュンイチです。

今回は、軽い近況報告をさせていただきます。

 

僕は最近、無性にシェイクスピアの人生を知りたくなって、実際に書籍で勉強するようになりました。

 

シェイクスピア (Century Books―人と思想)

シェイクスピア (Century Books―人と思想)

 

 この書籍によると、シェイクスピアは低学歴の努力家だったとのことです。

あまたの物語や歴史書からたくさん吸収して、そこから自分の作品へと活用していった劇作家なのです。

僕も彼を見習わないといけないなと思いつつ、今こうして、彼の評伝を読むことから始めている今日この頃です。

シェイクスピアの人生を知って思うことは、やっぱり、学歴ではないんだということです。

大切なのは、勉強する姿勢と努力なのだということを、しみじみと感じさせられました。

 

僕も、彼のようにたくさん勉強して、たくさん戯曲を手がけて、いい劇作家になりたいものです。

 

以上、近況報告をさせていただきました。

では、またの機会に。