読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OKAJUN Blog

劇作家の岡本ジュンイチが、みずからの気分に基づいて記事を書いていきます

本を読もう!~作家のための読書術~ 2.拾い読みの実践

読書術

前回は、多くの本に触れることをおすすめいたしましたが、今回は、拾い読みの実践について詳しく見ていきたく思います。

 

超最速!絞り込み読書術。本を読む技術とは、読む本を選ぶ技術だ。10分で読めるシリーズ

超最速!絞り込み読書術。本を読む技術とは、読む本を選ぶ技術だ。10分で読めるシリーズ

 

 拾い読みとは

 拾い読みとは、たとえば一冊の本から好きなページを開いて読む行為のことを言います。

拾い読みの最大のメリットは、効率的に情報を収集できることにあります。

最初からすべてを読むのではなく、必要な箇所だけを読むことによって、時間の節約を大いにできるのが拾い読みなのです。

拾い読みが役に立つ本の種類

では、そういう拾い読みは、具体的にどういう本において役に立つのでしょうか。

まず挙げられるのは、歴史書や古文書などといった、資料などの本です。

たとえば、歴史ものを書きたいときにどうしても知らないといけない情報を手っ取り早く知りたいのに、そういう資料を辞書的な扱い方をするのです。

律儀に最初のページから読んでいては、とてもそういう要求に手っ取り早く応えることができません。

そこで、必要のない情報を書かれたページをすっとばして、必要な箇所だけを拾い読みするのです。

そういう実践方法は、たとえば図書館でだと大いに役に立ちます。

図書館でたくさんの資料と向かう際に、必要な情報だけを選び抜いて読む。

それを行うことによって、一冊の本から得られる必要最低限な情報を、手っ取り早く効率的に読むことができるのです。

また、『孫子』や『論語』などのような、古典を閲覧する際にも、拾い読みはとても有効です。

 

新訂 孫子 (岩波文庫)

新訂 孫子 (岩波文庫)

 

 

なぜなら、そういう種類の本はどこから読んでも大いに役に立つからです。

そういう点で考えると、先人の名言録やことわざ集なども、拾い読みを実践するのに適している本だということができますね。

 

中国古典の名言録

中国古典の名言録

 

 

 

チャーチル名言録

チャーチル名言録

 

 

 

英語・一日一言―知恵と感動のことば (ノン・ブック (3))

英語・一日一言―知恵と感動のことば (ノン・ブック (3))

 

拾い読みをしてみよう! 

「本を読んでみたいけど、どこから手を伸ばせばいいのかわからない……」

と思う方には、まずは拾い読みのできる本を探すことをおすすめします。

そのうえで、実際にいろんな本を拾い読みするようにしてみましょう。

好きなところからでいいんです。本を手に取って、好きなところから自由に読んでみましょう。

そうすれば、本はあなたに、あらゆる知恵と知識を授けてくれるに違いありません。

読めるかどうかではなく、読んでみることが大事なのです。

拾い読みの実践を、ぜひ活用してみましょう!

 

以上、今回は拾い読みの実践について書かせていただきました。

この拙い文章が、あなたの読書ライフを支えられたら幸いです。

では、また次の機会に。

人と思想シリーズ『シェイクスピア』熟読中

近況報告

劇作家の岡本ジュンイチです。

今回は、軽い近況報告をさせていただきます。

 

僕は最近、無性にシェイクスピアの人生を知りたくなって、実際に書籍で勉強するようになりました。

 

シェイクスピア (Century Books―人と思想)

シェイクスピア (Century Books―人と思想)

 

 この書籍によると、シェイクスピアは低学歴の努力家だったとのことです。

あまたの物語や歴史書からたくさん吸収して、そこから自分の作品へと活用していった劇作家なのです。

僕も彼を見習わないといけないなと思いつつ、今こうして、彼の評伝を読むことから始めている今日この頃です。

シェイクスピアの人生を知って思うことは、やっぱり、学歴ではないんだということです。

大切なのは、勉強する姿勢と努力なのだということを、しみじみと感じさせられました。

 

僕も、彼のようにたくさん勉強して、たくさん戯曲を手がけて、いい劇作家になりたいものです。

 

以上、近況報告をさせていただきました。

では、またの機会に。

自身初の戯曲集を発売!

近況報告

劇作家の岡本ジュンイチです。

 

今回は、軽い近況報告させてください。

 

来る2月27日、Amazonにて僕の初の戯曲集を発売いたします。

紙媒体での書籍ですので、少し高いのですが、ぜひ読んでみてください。

 

内容は、表題の作品『救世主~託された農奴の物語~』を筆頭に、その他2篇の戯曲を加えて、合計3篇の創作戯曲を収録しています。

どれも読みがいのある戯曲なので、楽しみにしててください。

 

以上、軽い近況報告でした。

では、またの機会に。

救世主?託された農奴の物語? 岡本ジュンイチ戯曲集 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

救世主?託された農奴の物語? 岡本ジュンイチ戯曲集 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

  • 作者: 岡本ジュンイチ
  • 出版社/メーカー: デザインエッグ社
  • 発売日: 2017/02/27
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
  • この商品を含むブログを見る
 

テアトロ新人戯曲賞 二次予選通過

近況報告

劇作家の岡本ジュンイチです。

今回は、近況報告をさせてください。

 

先月一次予選を通過した僕の戯曲『迷子の大人たち』が、結果的に、二次予選まで通過いたしました。

残念ながら最終選考までは残りませんでしたが、これを励みにして、次もいい作品を書こうと思います。

 

以上、軽くではありますが、近況報告をさせていただきました。

 

テアトロ 2017年 03 月号 [雑誌]

テアトロ 2017年 03 月号 [雑誌]

 

 

『デパートを発明した夫婦』熟読中

近況報告

 劇作家の岡本ジュンイチです。

 

今回は、軽い近況報告をさせていただきたいと思います。

 

僕は最近、いろんな本を読んでいますが、その中でも歴史本の一つとして愛読しているのが、新書『デパートを発明した夫婦』です。

この書籍は、いまや商業の常識にさえなっているデパートの商法を編み出した夫婦の史実を、簡潔明瞭な文章で説いている書籍です。

この書籍を読むと、ビジネスの可能性の広さをしみじみと痛感させられます。

そもそも、この書籍によると、デパートの売り方を発想するにいたったきっかけは、美術館の展示にあったといいます。

美術館の展示のように、美しい商品を美しい場所で展覧させる店というその発想こそが、当時ではとても画期的なアイデアだったのだそうです。

商品を展示するという発想は、現在でもなお古びることなく重要視されている演出の一つですが、それを最初に考案するのにはなかなかの苦労がないと考えられないだろうなあと、しみじみと思わされます。

 

書籍の内容も、残り数十ページとなりました。

頑張って、読み切りたいなと思います。

以上、近況報告をさせていただきました。

では、またの機会に。

 

デパートを発明した夫婦 (講談社現代新書)

デパートを発明した夫婦 (講談社現代新書)

 

 

本を読もう!~作家のための読書術~ 1.多読のすすめ

読書術

今回は、作家のための読書術について詳しく書き連ねていこうと思います。

ライトノベルが増えつつある昨今、果たしてどれだけの作家が本を読んでいるのでしょうか。

「活字離れ」といわれて久しい今日において、読書についていま改めて考え直してみましょう。

1.多読のすすめ

あなたは、いったいどんな本を読んでいますか?

世の中には、本当にいろんな本が出回っています。

小説、漫画、新書、歴史書、哲学書、古典などなど。

いろいろと探ってみると、その多種多様な種類には大変驚かされるものがあります。

そんないろんな本が充実している中で、たった1冊しか本を読まないというのはとてももったいないことです。

作家を志望する人であれば、お気に入りの小説のほかにも、専門書や社会系の本を手に取って眺めるぐらいのことをした方が、明らかに豊かな発想を手にすることができるでしょう。

大切なのは、まずは興味を持つことです。

全部読むことによる達成感というのも大切ですが、いろんな本をかじりとるようにして読むという方法もあります。

自分の興味のあるものに素直になって、いろんな本に手を伸ばしてみましょう。

そして、少しずつでいいので1冊に1ページずつ眺めてみましょう。

そうすることによって、本の世界の広さと深さをきっと実感できるはずです。

 

もしもあなたが作家志望の方でしたら、僕は断言します。

 

豊かな読書は、豊かなストーリーを生み出します。

 

このつたない文章が、あなたの豊かな読書人生の助けになることを祈ってます。

今回は、ここまでです。では、またの機会に。

 

 

速読・多読でビジネス力が高まる! スピード読書術

速読・多読でビジネス力が高まる! スピード読書術

 

 

 

『ブログで始める超速起業入門』熟読中

近況報告

劇作家の岡本ジュンイチです。

今回は、いま読んでいる数々の書籍の中から、一冊紹介させてください。

僕がいま読んでいる本の中でも、ブログ起業に特化した本を読んでいます。
題名は、『ブログで始める超速起業入門』という本です。
要するに、ブログの登録の方法やアイデアの引き出し方、運営方法などを書き記されている本です。
このブログを運営しておよそ1ヶ月が過ぎようとしていますが、この書籍は、なかなか参考になることが多く書かれてあります。
ちょっと時代錯誤な内容も含まれてはいますし、少し内容が薄い感じもしなくはないですが、ブログにおける基本のキを知るにはなかなかうってつけの書籍ではあります。
頑張って、読み切っていきたいですね。

今回はここまでです。では、またの機会に。

 

ブログで始める超速起業入門 (アスカビジネス)

ブログで始める超速起業入門 (アスカビジネス)