読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OKAJUN Blog

劇作家の岡本ジュンイチが、みずからの気分に基づいて記事を書いていきます

書評『脚本を書こう!』

書評

この書籍は、映画や演劇の脚本における書き方を詳しく解説した、本格的な脚本理論書です。
僕は、この本から作品の全容を語るあらすじである「シノプシス」の大切さや、ハリウッド式の三幕構成(起承転結ではなく、事件が起きて、通り過ぎて、解決されるという3つの幕で成り立っている構成)というものを学びました。
アカデミー賞脚本賞に受賞した映画作品のタイトルもズラリと掲載されていて、劇作家や脚本家の現場事情も書き綴られているため、自分の企画をより現実化させるのにとても参考になります。
脚本のことをよくわかっていない人こそ、この書籍を手に取って読むといいでしょう。

 

脚本を書こう!

脚本を書こう!